読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアリーマンリアル起業日記  「志事」を創業しよう! 

人生100年時代。「志事(しごと)」を色々な形で生み出し、歳を重ねるごとに働くことを通じてかっこよくなる大人をどんどん増やすんだい。という野望を持ったシニアリーマンの起業奮闘ぶりを、リアルに綴ります。これからのキャリア開発を考えるサラリーマン皆様に、ロールモデルならぬ抱腹絶倒のネタを捨て身?で供給するブログです。  *志事創業社のHPはこちら http://age100.tokyo/aboutus/

表札秒殺?

  f:id:kyopapa50:20141223230119j:plain

Day +3

登記が終了してから、合同会社志事(しごと)創業社宛の郵便物が自宅にちらほらと届くようになりました。まぁ本店所在地ですから当然ですね。税理士さんからのダイレクトメールだったりするのですが(恐らく登記を見て営業活動されているんですね)、自分の会社が宛名として書かれていたりすると、それだけでドキドキ、ウキウキしてしまいます。いやぁ本当に、小っちゃい感想でお恥ずかしいのですが。

 

今後大事なものが、万が一宛先不明で届かないといったことがあってはまずいので、ここは会社の表札を掲げておかねばならないと、色々デザインなど考え始めたわけです。リビングに居合わせた娘に、

「ねぇねぇ、お父さんの会社の表札、どんなのが良いと思う?」

と嬉しがって尋ねると、

「え~ 胡散臭い~。怪しい家に思われちゃうよ~。絶対表札なんて掲げんといてね~!」

ですと。

 

自宅住所での会社登記。まさか、こんなデメリットがあるとは。何冊も起業指南書は読んだし、先輩方にもお聞きしたけど、このコメントはなかったなぁ~。経験に勝る学びなし、ってことですかね。 あ、ちなみに表札掲げることが胡散臭いんで、決して会社とかお父さんが怪しいわけではないので、念のため…と娘が思っていると信じています(^^;)