読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアリーマンリアル起業日記  「志事」を創業しよう! 

人生100年時代。「志事(しごと)」を色々な形で生み出し、歳を重ねるごとに働くことを通じてかっこよくなる大人をどんどん増やすんだい。という野望を持ったシニアリーマンの起業奮闘ぶりを、リアルに綴ります。これからのキャリア開発を考えるサラリーマン皆様に、ロールモデルならぬ抱腹絶倒のネタを捨て身?で供給するブログです。  *志事創業社のHPはこちら http://age100.tokyo/aboutus/

「れいさいきぎょう」 売上を立てる

 f:id:kyopapa50:20150201205033j:plain

Day +43

先ほど思いついたので、まず書いておきます。

 「私、0歳起業家です!」 …あれ、受けないか?(^^;)

中小企業と言うにも、あまりに小さい一人企業。世間ではこれを「零細企業」と言いますが、なんかもうちょっと起業のわくわく感イメージを名前に込めたくて。まだまだ生まれたての「零細企業」ならぬ「0歳起業」! シニアサラリーマンからのスピンアウト組にぴったりのネーミングではありませんか♪…自画自賛。

 

さて、「0歳起業」して、色々とお金の出ることばかりの多い時期が続く中、いよいよ初売上げが‼ これめっちゃ嬉しいです。少額と言えども、事業収入ってことですから、こりゃぁもう小躍りしてしまいます。ところがぎっちょん、いざお金いただくにあたり、ちょっとした失敗が。

 これまでは毎月銀行の「個人口座」に給与が振り込まれるのが当たり前だったので、ついうっかりお客様からの入金を「会社口座」でなく「個人口座」で受けちゃいました(><;) 一人会社だから「個人収入」みたいに感じちゃいますが、会社の売上は会社のお財布に入れないといけないんですよね。これ基本中の基本。現金でもらうような場合は、ちゃんと会社名で領収書も切らないといけないし。

 サラリーマンの頃、給与振り込み確認した後、「お金ちゃんと受け取りました」なんてお知らせをこちらからするようなこと、一度もやったことありませんでした。なかなか「稼いでいる」って感じがしなかったのは、こうした作業を省略していたせいかもね。そういえばはるか以前はサラリーマンも月給を現金でもらっていたんだっけ。

 

「1歳企業」になる頃には、この辺の稼ぐ“作業”のことが「当たり前」にできるようになっていますように(^^;)