読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアリーマンリアル起業日記  「志事」を創業しよう! 

人生100年時代。「志事(しごと)」を色々な形で生み出し、歳を重ねるごとに働くことを通じてかっこよくなる大人をどんどん増やすんだい。という野望を持ったシニアリーマンの起業奮闘ぶりを、リアルに綴ります。これからのキャリア開発を考えるサラリーマン皆様に、ロールモデルならぬ抱腹絶倒のネタを捨て身?で供給するブログです。  *志事創業社のHPはこちら http://age100.tokyo/aboutus/

ビジネスパーソンは昔も今もスポーツでコミュニケーション…が定番?

 f:id:kyopapa50:20160327202242p:plain

Day 1Y+97

オリンピックイヤーのせいか、スポーツの話題が気になる今日この頃です。

 

フィギアスケート観戦を趣味と公言している私としては、当然、今週から始まる世界選手権が気が気ではありませんが、それはともかくとして、スポーツって、人のつながり特にビジネスパーソンをつなげるコミュニケーションツールなんだなぁと改めて実感したいというお話。

 

体育会系のノリというわけではありませんが、昭和サラリーマンデビューの私の時代は、何と言ってもゴルフをたしなむことが会社社交界?の常識。大抵職場や上司の名前を冠した〇〇コンペというのがあって、新人はコースでも宴会会場でも走る!…というのが定番でした。今から考えると「パワハラか?」という疑いの場面もあったかと思いますが、強面のおじさん達の面倒見の良さを味わえたり、意外な優しさを感じたりして、職場に戻ってからも親密感が増していたなんてことが結構ありました。ゴルフにまつわる定番おやじギャグや、うんちくのたぐいも「先代」から受け継ぎ、共通のネタとしてチームの雰囲気づくりにも、貢献していたかもです。

どんなスポーツであれ、共に汗を流すというのは、チームビルディングには効果的でしょうが、当時は誰もが有無を言わさずゴルフというのが、ある意味、ぶれないポイントでしたね。職場や自社に限らず、会社人の必須アイテムとして常識となっていましたから。

 

そんなサラリーマンと言えばゴルフという時代はとうに過ぎて、(噂によると最近はリタイア組を中心にゴルフブーム再来という話も聞いておりますが)多種多様なスポーツをそれぞれに楽しむようになった結果、最近はある一つのスポーツで話題を共有できるということはなくなったように思っていました。あ、勿論、五郎丸とかありましたが、あくまでもあちらは観るほうの話題ですから(2019年ごろにはやる方になってたりして)

 

ところが先日、「ダイエット・ジョギング始めました~」と宣言したところ、思わぬ反響が。「ここのコースがいいよ!」「こんな準備体操が効きます!」「一緒に走ろうよ!」…♪ 知らなかったです、今やランニングは、ビジネスパーソンの必須アイテムだったんですね。取り残されていたことに、全く気付いておりませんでした(^^;) 東京マラソンがなかなか抽選に当たらず走りたくても走れないといった話は知っていたのですが、自分が(少しだけど)始めたことで、ランニングの人気を実感したしだいです。おかげさまでコミュニケーションの巾、ぐぐーんと広がりました。こうなると、次代に引き継ぐような鉄板おやじギャグも、ランニング界隈でも出てくるに違いありません。私も今から仕込んでおかねば…え? 実は既にある? 知りたいっす(^^)/

 

何にしても、ビジネスパーソンは今も昔もスポーツでコミュニケーションが定番…かもしれませんね。