読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアリーマンリアル起業日記  「志事」を創業しよう! 

人生100年時代。「志事(しごと)」を色々な形で生み出し、歳を重ねるごとに働くことを通じてかっこよくなる大人をどんどん増やすんだい。という野望を持ったシニアリーマンの起業奮闘ぶりを、リアルに綴ります。これからのキャリア開発を考えるサラリーマン皆様に、ロールモデルならぬ抱腹絶倒のネタを捨て身?で供給するブログです。  *志事創業社のHPはこちら http://age100.tokyo/aboutus/

"不信"メール!

f:id:kyopapa50:20160202132102j:plain

Day 1Y+43

メールに関する失敗は数限りなくありますが、最近、もらう側の立場で謎の体験をしたのでこちらで紹介。

 

起業後は、当然アピールも兼ね名刺をお渡しする機会も多く、メールでの引き合いとか問合せがあり嬉しい限り。とは言え、中にはいわゆる不審メールをいただくことも。

 「携帯を変えたんだけど、〇〇です。…先日ははしゃぎ過ぎちゃってごめんなさい…」

てなメールを、件名なし差出人不明で受領。〇〇ってニックネームも思い当たらないし。こりゃぁ間違いかなとも思いつつ、もし面識ある方からならそのうちまた連絡あるだろうと放っておくと、

 「怒らせちゃいました? 返信いただけなくて心配しています…」

と翌日に次のメールが。返信すると怪しいサイトか何かに誘導されそうな予感を抱き、無視を決め込むものの、「間違いですよ~」と返信しようかと迷っていたのも事実。

そうこうしているうちに、毎日メールが来ることになり、しだいにエスカレート

 「一緒に頑張ろうと思っていたのに…」

 「これだけ返信くれないあなたは一体誰なんですか?…」

 「ここまで無視するって、何かおかしいんじゃない!…」

はい、ここに至って、やっと着信拒否の機能を使わせていただきました。

 

それにしても、インチキサイトへの誘導としたら、大したもんだと逆に感心しました。感情に揺らぎ(不安)与えるのが妙に上手い! 最後は「いい加減にせぇよ~っ!」と本気で返信したくなりましたもん。

一方、もしこれが生身の人間からの正真正銘の間違いメールだとすると…正直、ご本人のプアなコミュニケーションの仕方に背筋が冷えます。もともと「怒らせちゃいました?」ってことは謝罪の意志があったと思われるのですが、メールの返信もらわないうちに、最後は逆切れ。

ねぇねぇ、直接本人に会って話せばいいんじゃない? 電話だってできるでしょうに。スマホの画面越しにレスポンスの無さを相手のせいにして憤っててもさぁ…。

日常の会話ってどうなっているんでしょうね、一体。

ということで、私には「不審」メール、送ってきた相手は「不信」メールってことかと。

 

ちなみに、今回は私の携帯用メアドでの出来事でした。名刺には載せてないんですけど…どうして? 携帯会社への不信が(^^;)

 

臼井