読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアリーマンリアル起業日記  「志事」を創業しよう! 

人生100年時代。「志事(しごと)」を色々な形で生み出し、歳を重ねるごとに働くことを通じてかっこよくなる大人をどんどん増やすんだい。という野望を持ったシニアリーマンの起業奮闘ぶりを、リアルに綴ります。これからのキャリア開発を考えるサラリーマン皆様に、ロールモデルならぬ抱腹絶倒のネタを捨て身?で供給するブログです。  *志事創業社のHPはこちら http://age100.tokyo/aboutus/

番狂わせこそイノベーション…かも

 f:id:kyopapa50:20151017232714j:plain

Day +301

「スポーツ史上最大の番狂わせ」と称えられる南アフリカを破ったラグビー日本! その興奮はまだまだ続いていますね。五郎丸のポーズは間違いなく今年一番の流行になるのではと。次回の日本開催でのさらなる躍進、期待も一気に膨らむというものです。

 

スポーツで大きな番狂わせが起きると、本当に見ている我々も「まさか!」と思いつつもの凄く感動して、応援にさらに熱が入るものです。思えば、昨年の全米オープンテニスでの錦織君も、「勝てない相手はもういない」はちょっとまだ難しいかもと思いつつファイナリストに! ちょっと前ですと、なでしこJapanも、まさかのワールドCup優勝でした。

 

素人の想像ではありますが、この番狂わせ、当人たちにとっては、それこそ「奇跡ではなく必然」と感じる部分が多いのでは。日々の積み重ねの中で「これならいける」の手ごたえが、きっとどこからか生まれてきていると思います。しかし、その破壊的な勢いの成長(伸長)ぶりは、番狂わせという成果として見えるまで、周りからは決して分からないわけです。これって、何かイノベーションと通じてる、というかまさにそのものって感じですね。

 

これまで常識とされていたものが壊される際、何がしかの新しいものが必ず生まれています。なでしこならそれまでの女子サッカーにはなかった正確なパスワークだし、錦織君ならベースライン際でのリターン、日本ラグビーなら低いタックルとか(あ、素人スポーツ観戦者の意見なのでその道の方は大目にみてくださいまし)(^^;) 当人たちにしかわからない新しい手ごたえ。これがイノベーションの実態ですよね。結果として見えるまではやっている人にしかわからない。

 

ところが、一度わかっちゃうと、興奮の時期(称えられる時期)は意外に短いのも事実。なでしこも錦織君も、今やどの大会でもベスト4あたりでは当たり前の扱い。強いライバルに勝っても、番狂わせとはもう誰も言ってくれなくなります。しかも、ライバルたちは対策を練ってくるので、今まで以上に勝負は厳しくなる。イノベーションが「当たり前」になるってことですよね。誰にも真似のできない領域にまで高めるか、新しい技や戦術を編み出すか…。イノベーションを起し続ける重要性と難しさは、まさにここにあります。

 

てなわけで、強引な結び付けかもしれませんが、こういう頭の動かし方もスポーツ観戦の勝手な醍醐味かと(^^)

真央ちゃん復帰のフィギアスケート、母校の箱根駅伝、錦織君のテニスに加えてラグビーが入れば、日本(男子)サッカーの不甲斐なさを補って余りありますね。