読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニアリーマンリアル起業日記  「志事」を創業しよう! 

人生100年時代。「志事(しごと)」を色々な形で生み出し、歳を重ねるごとに働くことを通じてかっこよくなる大人をどんどん増やすんだい。という野望を持ったシニアリーマンの起業奮闘ぶりを、リアルに綴ります。これからのキャリア開発を考えるサラリーマン皆様に、ロールモデルならぬ抱腹絶倒のネタを捨て身?で供給するブログです。  *志事創業社のHPはこちら http://age100.tokyo/aboutus/

ご近所付き合い

     f:id:kyopapa50:20141130230650j:plain

Day40

登記予定日まで、いよいよ20日を切っています。果たして大丈夫か?

不安たらたらの割に、余裕?かました週末を過ごしてました(^^;)

 

上の子が中学の時に、「おやじの会」というものが当時の校長先生の発案で発足。「ご近所に飲み友達ができるところからでもいいじゃないですか」ということで始まった会。5年以上たち、今や小学校のお父さんたちにも広がり、地域イベントのお手伝いや「部活」などに大活躍のとってもアクティブな会に発展。今年度で下の娘も卒業となるので、現役おやじとしてはもうすぐ引退です。と言っても、本当、飲み会ぐらいにしか参加しない、不良「部員」でしたが。

 ご近所に、「お友達」がいることって、実はとっても大事なことなんじゃないかと、起業決意した今頃になって改めて思います。少し打ち解けてきて色々とお話していると、「おおー、その道の達人じゃないですか!」という方ばかりなんです。・・・って、大の男がそろっているんですから当然ですよね。実は、昨日は、おやじの会有志でのゴルフだったのですが、起業家の先輩方から「実際にやってみるとこんな感じで進めたらいいかもね~」なんて貴重なアドバイスを、ゴルフ談議のような気軽さで教えていただけました。歩いて行ける距離に沢山のブレーンがいてくださるようなとっても贅沢な感覚です。しかもビジネスの関係とは異なるので、例えばもらった分は、いただいた方に直接お返しできなくても、地域の子供たちに返すようなことで認めていただける、そんな関係性がご近所の「おやじ」どおしだからこそ築かれている気がします。

 これまで、ほとんど「地域貢献」できてなかった我が身ですが、これからはできるところからやっていこうと、本気で思い直した週末でした。まずは、次回のコンペ幹事の手伝いでも・・・(爆)